脂肪吸引で簡単に部分痩せを実現|バイバイお腹の脂肪

お腹

ピンポイントで痩せる方法

美容整形

皮下脂肪を吸引して痩せる

究極のダイエットとして人気があるのが脂肪吸引という方法です。ほとんどの美容整形で行われていますが、その方法は器具の吸引によって特定部位の脂肪を減らすのです。一般的なダイエットでは脂肪細胞の全体を減らすのですが、脂肪吸引ダイエットは、運動などでも燃焼しない皮下脂肪などを除去するのです。一般的なダイエットをした場合、体重の減少によって成功とみなされます。ただし、全体の脂肪が減少しただけでスタイルが良くなったりプロポーションが良くなったりするわけではないのです。つまり皮下脂肪などは燃焼されずについたままなのです。脂肪吸引ダイエットでは一般のダイエットで落とすことができない脂肪を、ピンポイントで取り除くことができるのです。一般のダイエットで取り除くことが難しい部位として、二の腕、下腹部、臀部、太ももなどがあります。脂肪吸引によってこれらの部位の脂肪を取り俗ことができます。それによってプロポーションを整えることができるわけです。この点が脂肪吸引ダイエットが人気になっている理由です。脂肪吸引には色々な方法があり、もっとも一般的なのは皮膚を切開してカニューレという吸引器具を挿入して、目的の部位の余分な脂肪を吸い取って除去するというものです。ダイレクトに脂肪を取り除くので、その場で効果を確かめることができます。皮膚を切開するので傷跡が残りますが、ベテランの医師ならシワの部分を切開するので傷跡を目立たなく施術することができます。輸血などが必要ないので、わりと手軽にできるのも人気の理由です。

脂肪溶解液の注射で痩せる

最近、人気が出ている脂肪吸引に脂肪溶解注射を行うという方法があります。この方法の特徴は、皮膚を切開しないで注射によって脂肪溶解液を注入するという点です。皮膚に傷が残らないのと、注射をするだけなので負担が軽いために人気があるのです。従来の脂肪吸引方法ではカニューレという吸引器具を差し込むので、多少は傷口が癒えるまで時間が必要だったのです。しかし脂肪溶解注射の場合は注射するだけなので安全性が高く、施術後も普通に日常生活を送れるという特徴があります。注射針は非常に細いので、一般の注射のような痛みがないのも特徴の1つです。この治療法で使われる脂肪溶解液というのは高脂血症などで用いられている薬剤なので、副作用の不安がないのです。また美容整形クリニックによっては、いくつかの種類の薬剤を混ぜて使用することもあります。施術する時間は10分程度なので、誰でも簡単に受けることができます。治療した当日からシャワーを浴びることも可能ですし、ほぼ普通の生活に戻ることができます。注入した脂肪溶解液の効果を高めるために1日2リットルの水分補給をこまめにする必要がありますが、その他は激しい運動や飲酒を控える程度でよいのです。この脂肪溶解液を注射する方法ではメンテナンスが大事です。1回で注入する量が決まっているので、よりダイエット効果をだすためには2週間から3週間の間隔をあけて3回から5回ぐらいの注射をする必要があるのです。美容整形クリニックを選ぶ時には、アフターケアがしっかりしているところを探すことになります。